こじか保育園ブログ

こじか保育園ブログ
フォーム
 
秋の遠足☆成田国際空港
2018-11-21

ぱんだ組の秋の遠足。行先は成田国際空港です。

最寄りの四街道駅から成田空港駅まで約30分電車に乗って向かいます。年長さんは、一人一枚切符を持ち、開札をくぐりました。出てくる切符を取り忘れないよう、出てくるところをしっかり見ていました。

車窓から見える景色に「田んぼだ!!」「公園がある」と大喜びの子ども達。成田エクスプレスや快速電車とすれ違うと「ビックリした!」と少しずつテンションが上がっていきましたが、他のお客さんの迷惑にならないように…という約束を思い出し、小さな声で話をする子ども達でした。

成田空港駅に到着すると、反対側のホームからちょうど成田エクスプレスが出発するところ。女性の運転手さんを見て「女の人だ!」と女の子が目をきらきらさせていました。大きくなったら、電車の運転手さんになることも一つの選択肢となったかもしれませんね。

 

展望デッキでは、たくさんの飛行機の離着陸や空港で働く車を見たり、エンジンの大きな音を聞いたり。出発ゲート付近では、違う言葉を話す人がたくさん!大きなスーツケースを引いて歩く人もたくさんおり、ぶつからないように歩きました。目の前で見た警察犬はとても大きく、驚きを隠せない子ども達。空港内で様々な経験をすることが出来ました。

 

レストランでの昼食は、自分で食べたいものを選び、きちんと待つことが出来ました。中には、セッティングされたナイフとフォークを使ってみようとする子もおり、保育園での給食でも、ナイフとフォークを使用してみようかと給食の先生とも話をしました。

 

たくさんの楽しい経験をし、お留守番していた先生や小さいクラスの友達に興奮気味に話をしてくれたぱんだ組の子ども達。思い出に残る遠足になったようです。

 
お誕生日おめでとう♪
2018-11-20

11月の誕生会を行いました。

11月は5名の子ども達が誕生日を迎え、みんなに祝ってもらいました。

質問コーナーは、その時にならないとどのような質問が飛び出すか分からないのですが、質問する子も答える子も、一生懸命考えて質問し、答えています。保育者が想像していることと違う答えが返ってくると、思わず「おぉぉ!」と声をあげ驚いてしまうことも。毎月、楽しみにしています。

先生からのプレゼントは、「食いしん坊おばけ」。歌を歌いながら冷蔵庫の中から出てきたシルエットを見ておばけが食べたものを当てます。大きい子から小さい子まで、「きのこ~!」「チョコレート!」と楽しみながら言い当てていました。

これからも、友達や先生とたくさん遊んで、楽しい園生活を送りましょうね。

 

 
ちょっと遠くまで…。
2018-11-16

ぱんだ組とうさぎ組が合同で、美しが丘近隣公園へ散歩に行きました。うさぎ組にとっては初めての美しが丘近隣公園。ぱんだ組さんと手を繋ぎ、いつもよりも少し長い距離をお散歩です。

 

公園には大きな池やなが~いローラー滑り台、ひろ~い広場等、子ども達が魅力に感じるものがたくさんあります。ローラー滑り台は長いので、滑った後はまた丘を登らなければなりません。急な坂道ですが、しっかりとした足取りで何度も登っていました。

広場では「先生を捕まえろ~!」と、走り回る保育者を追いかける子ども達。なかなか捕まらず、途中休憩を入れながらも思い切り走り回り、必死に追いかけていました。

 

仲良く手を繋ぎ、疲れた様子も見せずに頑張って歩きました。体力もついてきて、散歩の距離も少しずつ伸びています。次はどこの公園へ行こうかな…?

 
カリンジュース作り
2018-11-05

病院の敷地内にあるカリンを収穫し、カリンジュースを作ります。

ぱんだ組、うさぎ組、あひる組の子ども達がカリンを一人一つずつ収穫し、保育園に持ち帰ってきました。実際、手に持ってみると少しベタベタするカリン。それでも、いつも散歩中に見て、触っていたカリンに子ども達は大喜び。「いいにおいがするね!」「黄色い!」とそれぞれが感想を話していました。中には美味しそうなにおいがするのか、思わずカリンをガブリとかじってしまう子も。食べられないよ、と声を掛けられると、「どうして?」というような表情がとても可愛かったです。

 

持って帰ってきたカリンをタワシでゴシゴシ力を入れてよく洗い、乾いたカリンを切り、氷砂糖と三温糖と一緒に漬けました。すぐに汁が出てきたのを確認すると、「わぁ!出てきた!」と大興奮。ジュースが出来るのが楽しみですね。

 

また、最後に余った氷砂糖を食べてみることに。「氷」と聞いて、「冷たいもの」を想像していた子ども達ですが、口に入ると「冷たくない!」「あま~い!」と顔を綻ばせていました。

 
がんばったね、運動会
2018-10-27

ぱんだ組とうさぎ組は運動会を行い、日々の遊びの中で、子ども達が出来るようになったことを披露しました。

今年の運動会のテーマは「Challenge ~今はばたけ こじかっ子~ 」です。こじか保育園の運動会では初めてとなる「入場行進」にもチャレンジ。手を繋がずに隣で歩くのはとても難しいのですが、友達と心を合わせ、頑張っていたぱんだ組の子ども達。応援旗を持った年長児の後ろを、胸を張って行進していました。

 

また、うさぎ組の子ども達は、途中涙してしまう場面も見られましたが、保護者の元を離れ、自分達の応援席から参加することが出来、元気にかけっこをしたり、ダンスを踊ったりすることが出来ました。いつもと違う環境、たくさんの人達の前で普段の姿を見せることはとても難しいのですが、ぱんだ組の子ども達もうさぎ組の子ども達も一生懸命頑張っていました。

 

おうちの人が応援してくれることに喜びを感じ、頑張ったことを褒めてもらい、どの子も自信につながったのではないでしょうか。運動会が終わってからの子ども達の表情は、とても凛々しく、立ち姿も堂々としていました。

一歩一歩と大きく逞しくなる子ども達。これからの成長も楽しみですね。

 

<<社会福祉法人 豊友会>> 〒668-0065 兵庫県豊岡市戸牧500 TEL:0796-22-0755 FAX:0796-23-7798